落ち込んだときは

気分が落ち込んだ時に気をつける事

うつ病には、初期症状や症状の程度、持続の期間が問題になりますので注意が必要です。うつ病の初期症状と聞くと気分が憂うつになると考えがちですが、実際には不眠とか、食欲不振などの症状が多いです。この病気の大きな特徴は、自分が非常につまんない人間だと思いこむ妄想などがあります。これらの症状が2週間もの間続くようだと治療を行う必要があります。うつ病は問診による診断が主になるのですが、最近になって、右側の脳の血流と左側の脳の血流のバランスが悪い事で起こってきているのが分かってきました。この血流のバランスを整える治療を行う事によりうつ病は改善されます。また、みんなでアドバイスをしながら治療をしていく認治療法もあります。この治療法は人の姿を見る事で自分の症状がわかるところに大きな特徴があります。

うつ病について知っておくと良い事

うつ病というのは、精神的な弱さや性格の問題で起こるわけではありません。実際には神経伝達物質という脳の中で情報をやりとりする事がうまくいかないで起こる事を知っておくと良いです。うつ病に関係がある神経伝達物質とは、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンの3つがあります。セロトニンは安らぎを与えてくれる物質になります。これが不足すると気分が落ち込み不眠がちになってしまいます。ドーパミンは意欲的になり、前向きな行動を起こします。しかし不足することで何事にも無気力になってしまいます。ノルアドレナリンは適度な緊張感を保つ物質になります。これが不足をすると集中力が著しく低下します。これら3つの神経伝達物質の不足が、不安な気持ちや、やる気の低下、思考力の低下などうつ病特有の3大症状を引き起こすと言われています。