日本では当然の病気

うつ病の治療には認知行動療法を

うつ病の治療には認知行動療法をおススメいたします。 物事に対する認識や日々の行動の柔軟性を養うことは、うつ病治療でも非常に大切です。認知行動療法は、うつ病の原因に対する認識を変えることで治療を目指します。 考え方を変えるのは、一見楽ではありませんが、実は変えてみたらすごく楽になったというケースは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。なぜ自分はここまで頑固だったのか、なぜ固定概念にとらわれていたのか、そういうことを考えるための良い機会として、病にあうということがあります。 特にうつ病のように精神系の病の場合、人生観から揺るがすような、ポジティブな変化を期待することもできますし、そのような前向きな認識が出来れば寛解は近いといえるでしょう。

現代日本ではうつになるのは当然

現代の日本社会において、うつ病患者が増えるのは当然といえるでしょう。 それは社会が一概に悪いとは言えませんが、向き合うべき課題があるのは間違いないでしょう。 インターネットを含む急速な社会の進化と国際化により、多様性が不可欠な社会が生まれているにもかかわらず、他方で日本は伝統的な島国としての価値観をも重んじなければいけない、そのような現実に直面していると思われます。消化不良を起こす人がいるのは当然ということです。 一方では偏差値社会であり、競争社会ですが、他方では多様性を重んじる社会なのです。一度不正を働いたら二度と許されないような高潔さや、美徳を重んじる文化ですが、一方で真逆の文化を受け入れる必要性に迫られています。それらは矛盾していますが、それでも日本は多様性を重んじて、国際化の波に乗る必要があります。これからはうつ病治療のみならず、日常生活においても、認知行動療法的なアプローチの重要性が問われることでしょう。